肝機能対策に一番人気があるのは、プラセンタです!

肝機能障害にいいわけ

Q.プラセンタが肝機能障害にいい理由は?

 

A.
プラセンタがなぜ肝機能障害によいといえるのか?それはプラセンタ注射のラエンネックが肝機能障害の適応となっており、健康保険が使えるからです。ラエンネックとは1974年に認可された医薬品で、医療機関にて使用され、実際に肝機能障害の治療にも使われているからです。

 

プラセンタ注射で医薬品として認可されているメルスモンの場合は、更年期障害や乳汁分泌不全で保険が適応されており、プラセンタは医薬品レベルの効果があるといえるでしょう。

 

プラセンタとは胎盤のことで、妊娠すると子宮内に形成され、赤ちゃんと母体とを繋ぐ役割を持っています。赤ちゃんに栄養を届けたり、酸素を送ったり、老廃物の回収などもしています。プラセンタには赤ちゃんが胎内で成長する栄養成分がぎっしりと詰まっており、豊富な栄養や成長因子により、大人でも効果が得られるといわれています。

 

つまり、現代人が不足しやすい栄養補給を補ったり、成長因子で細胞分裂を促進させて、自然治癒力を高めるということです。もともと若いときに備わっていた力を引き出し、肝機能障害の改善にプラセンタは使うことができます。

 

肝臓は臓器のなかでも再生力がある内臓となっており、プラセンタのアミノ酸などの栄養素を補給したり、成長因子の働きにより、新しく生まれ変わる力を引き出すといわれています。

プラセンタが持つ効果

Q.プラセンタは肝臓にどんな効果を与えますか?

 

A.
プラセンタにはさまざまな効果があるといわれています。血行促進効果、基礎代謝向上、自律神経の働きを整える、免疫力アップ、細胞分裂の促進、抗炎症作用、美肌効果などです。肝機能障害に関連しているのは、細胞分裂の促進や免疫力アップ、血行促進などでしょうか。

 

血行促進効果がプラセンタで得られると、肝臓に必要な栄養や酸素が届けられるようになります。肝臓は沈黙の臓器ともいわれており、悪化したときにはすでに病状が悪化していることもあるのです。その前に必要な栄養素を届ける意味があるのがプラセンタです。

 

免疫力アップも肝機能障害には有効です。肝臓は老廃物を除去するなど解毒作用も持っており、毎日たくさん働いている臓器です。しかし、年齢により機能が低下したり、免疫力が下がることで、肝臓が病気にかかりやすくなります。プラセンタで免疫力アップが期待できれば、肝臓の病気自体を防ぐといえます。

 

一番重要となるのが、細胞分裂の促進作用でしょう。プラセンタに含まれる成長因子により、肝細胞が分裂し新しい細胞をつくりだすことができれば、問題が起きている部分が素早く修復され、病気の原因を取り除けるといえるのです。

 

プラセンタの効果をより詳しくみる 

肝臓の病気とは?

Qプラセンタが予防できる肝臓の病気とは?

 

A
肝機能障害で代表的なのが肝炎と肝硬変です。肝臓は沈黙の臓器ともいわれており、じわじわと病変が進んでいくのが特徴です。最初は炎症が起こる程度なのですが、次第に肝臓の機能が働かなくなる肝硬変と移行し、肝臓そのものがダメになります。プラセンタはこれらの病気の予防によいといわれています。

 

肝炎とはアルコールによる原因と、ウイルス型の2種類があります。C 型肝炎やB型肝炎という名前を聞いたことがある方もいるでしょう。これらはウイルス感染により起こるもので、一般の人はあまり発症しません。問題となるのがアルコール性で、アルコールを過剰摂取している方は注意が必要です。アルコールにて発生した活性酸素で、肝臓に炎症を起こしてしまいます。

 

肝硬変とは肝炎が進行してしまった状態です。肝臓の細胞が破壊されてしまい、肝臓が萎縮して正常な機能を果たすことができません。肝臓は活性酸素の影響を受けやすくなっており、最初は肝炎だったのが次第に肝硬変へと移行していきます。肝炎の段階で治療すれば治癒力は高くなります。

 

肝臓は再生能力が高くなっており、70%程度切除してももとにもどるといわれています。プラセンタはこの再生力を高めるために利用します。

アルコールを飲まない人も必要?

Q肝機能障害はアルコールを飲まない人もなるのでしょうか?

 

A
肝機能障害の原因は、肥満・ウイルス・アルコールと3つの要因があります。肝機能障害といえば、長年アルコールを飲み続けていた人や、大量にお酒を飲む人のイメージがないでしょうか?最近ではアルコールを飲まない人の肝臓病も増えており、プラセンタは年齢を重ねた人すべてにおすすめできます。

 

肝機能障害を指摘される割合は年々増えており、3人に1人がなるともいわれています。2012年の人間ドッグを受けた人のなかでは、30%に近い人の割合が肝臓に異常があると診断されたのです。

 

アルコールを飲まない人でも肝機能障害が見られることがあり、食べすぎや運動不足による肥満が、肝臓をダメにしていっています。これらは非アルコール性肝炎と呼ばれ、脂肪肝から肝炎、次第に肝硬変へと移行していきます。内臓脂肪がべったりで、肝臓も脂肪で満たされていれば、当然肝臓もダメになっていきます。

 

このように肥満による肝機能障害は、更年期に入るとともに増えてきますから、からだのアンチエイジング対策として、プラセンタはおすすめです。若いときと比べて太りやすくなった、お腹周りに脂肪が付きやすくなったと感じる方は、アルコールを飲まなくても危険性が高まったと判断できます。

 

プラセンタサプリって何?という方はこちら