脂肪肝はなぜ怖いのか?

脂肪肝はなぜ怖いのか?

Q脂肪肝もプラセンタを飲んだほうがよいのでしょうか?

 


肝炎のなかでも、食べすぎや飲みすぎ、運動不足などの肥満で発生するのが、脂肪肝です。脂肪肝とは肝臓に脂肪が結びついており、この脂肪が酸化しやすくなることです。肝臓に脂肪を溜め込んでいるような状況は、ある意味肝臓をサビさせているようなものなのです。だからこそ肝臓に脂肪を溜め込んでいる方も、プラセンタによる健康対策が必要だといえます。

 

脂肪は活性酸素と結びつくと、有害な過酸化脂質に変化します。この物質が肝臓に炎症を起こさせる原因となり、肥満がある方は脂肪をできるだけ落とす必要があります。健康な肝臓には無数の毛細血管が張り巡らされているのですが、脂肪が多くできれば血管を圧迫し血流を悪くする原因となります。

 

ここ10年程で脂肪肝が増えたといえわれるのも、生活習慣病を抱えたメタボな人が増えているからです。成人の3人に1人が脂肪肝だともいわれており、多く方は知らずに放置している現状があります。だからこそ、見えない部分の対策として、プラセンタで肝臓の細胞を再生させる対処が必要となります。

 

肝硬変は最終的には肝がんへと移行することもあり、怖い病気なのです。