活性酸素はどこから?

活性酸素はどこから?

Q肝臓にダメージを与える活性酸素はどこから発生するのでしょうか?

 


活性酸素の発生起点となるのは、呼吸で得た酸素です。生きている以上は防ぐことができず、誰でも体内で発生しています。その量が多いか少ないかの違いのみで、活性酸素を完全に除去することはできません。

 

活性酸素を防ぐことができないなら、できるだけ増やさない対策が有効なのはおわかりだと思います。活性酸素が体内で発生しても、抗酸化力があれば除去することができます。通常は体内で抗酸化力を持つ酵素が働いているのですが、年齢とともに減少しやすく、からだの外側から抗酸化物質を補う方法がよいといわれています。

 

プラセンタにも抗酸化力を持つ物質が多く含まれており、飲むだけで活性酸素を除去する対策ができます。食品でもビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどが抗酸化作用を持っており、ポリフェノールなども有効に働きます。これらの食品を積極的にとるのが一番なのでしょうが、食べる量が追いつかない方はプラセンタで抗酸化力を高めるのもよいでしょう。

 

ほかにも、活性酸素の発生は、ストレス、喫煙、紫外線などでも発生しやすくなります。プラセンタを飲むとともに、活性酸素が発生する原因をできるだけ取り除くようにしましょう。